健康維持のために玄米を食事に取り入れよう【栄養素が豊富】

Menu

体の免疫力を高める働き

和食

白米よりも栄養素が豊富

玄米は稲のもみ殻の部分だけを取り除いてあるので、胚芽なども含まれており、白米に比べると栄養価が高いのが特徴です。白米に比べるとビタミンB群や、食物繊維を豊富に含んでいるため、栄養不足が心配な人にお勧めです。玄米はかっけや便秘などを予防したり、体の免疫力を高める働きがあります。玄米は精米した白米に比べると、長持ちするので長期保存が可能です。年齢を重ねると動脈硬化やがんなどの生活習慣病に罹るリスクが高まります。病気を予防したり、若々しい外見を維持するためには、玄米を食べる習慣を付けると良いでしょう。胚芽の部分にはビタミンEが豊富に含まれているので、血流を促進する働きがあります。動脈硬化などの生活習慣病を予防したい人は、週に2、3回程度食べるのがお勧めです。インターネット通販では発芽玄米なども販売されており、冷めてもおいしいのでおにぎりや、お弁当に入れるのもお勧めです。仕事や育児で忙しい人は栄養の偏りが気になっている人が多いので、栄養価の高い玄米を食べる習慣を付けると良いでしょう。食物繊維が豊富に含まれているので、腸内環境を整えるため、花粉症やアトピー性皮膚炎、喘息などの病気を予防できます。ゆっくりとよく噛んで食べると、お米の美味しさを実感しやすいです。圧力鍋などで調理をすると、お米が柔らかくなって食べやすくなります。ビタミンB群が豊富に含まれているため、肌荒れやニキビが気になる人にもお勧めです。

Copyright© 2018 健康維持のために玄米を食事に取り入れよう【栄養素が豊富】 All Rights Reserved.